宮迫木材株式会社 個人情報保護方針 お問合せ トップページへ

HOME > 品質・技術について

品質・技術について

高品質の製品作り

柱に特化した工場だから出来る高品質!!

宮迫木材では、1日約1,500本の丸太を製材しています。その中でも管柱には特に力を入れており、全体製材量の約9割を管柱で占めています。
現在の木材製品は『良くて、安い品』でなければなかなか売れない状況が続いています。
そこで当社は他社との差別化を図るためにひと工夫もふた工夫もして品質の高い製品 作りを行っています。

  1. 木材というのはナマ物です。木材が持っている水分(含水率)は季節によって違ってきます。そのため乾燥は 夏場と冬場で条件を変えて乾燥させるため常に桧でSD20、杉でSD15をクリアしています。
  2. 乾燥機から出庫し、養生したラフ材は通常そのままモルダー(仕上げる機械)に通すのですが、当社は修正挽き専用の機械を通った後にモルダーに通すため、寸法安定性は高い製品が出来上がります。そのため土台を柱として使われるお客様もいらっしゃいます。
  3. 出来上がった製品は自社基準に応じて一本一本、専門の選別人が四面を目視して仕分けていきます。
    当社では、柱の等級をA級品・B級品・C級品と大きく分けて3種類作っています。その中でもA級品は丸身の長さに応じて4種類等級分けしています。
  4. 製品を作るために蒸気を使って乾燥を行う際、通常重油を燃やして蒸気を作るところ、弊社では平成15年から木屑焚きボイラーで蒸気を作っています。  木屑焚きボイラーとは、樹皮や工場から出る木切れや廃材などを高温で燃やして蒸気を作るため、排出するCO2が少なく環境に配慮したものです。
管柱の画像 工場全景

品質・技術について

Copyright © 2010 MIYASAKO MOKUZAI Inc. All rights reserved.